最新情報はこちら最新NEWS

知れば変わる!『簡単栄養豆知識』Vol.13

今回のテーマは『夕食』です。

目次

夜にたくさん食べると太る!?

夜にたくさん食べると太るって聞いた事ありますよね?夜は体を休めるために出来るだけエネルギー消費を少なくしようとしています。消費が少ない時に摂取が多いと当然太りやすくなるので注意が必要です。特に炭水化物などのエネルギー源となる栄養は少なくしましょう。

油っこい食事には

気をつけようと思ってもついつい揚げ物とか食べたくなりますよね。そんな時は一緒に『たまご』を摂りましょう!ビタミンB2が含まれているので脂質をエネルギーに変えて脂肪が溜まりにくくなります。

オススメの組み合わせ

揚げ物には『タルタルソース』を合わせるのがオススメ!たまごが含まれているのでビタミンB2を摂れます。さらに『お酢』の効果で腸内環境も整いますよ!ただしソースにも脂質が含まれているので摂り過ぎは注意が必要です。

遅い時間の食事には

遅い時間まで仕事をして夕食が遅くなる時には『消化の良い物』がオススメ!食べてすぐ寝ると消化の為に内臓が休まらず睡眠の質が落ちてしまいます。遅くなった時には『豆腐』や『おかゆ』など消化に良いものを少し食べるくらいにしましょう。遅くても寝る 2時間前までには食事を摂るようにしてみましょう!

オススメの組み合わせ

サーモンに含まれる『トリプトファン』は天然の睡眠剤と言われるアミノ酸です。ビタミンB1が豊富な豆腐と一緒に食べる事で睡眠効果が高まります。ただし冷えた状態だと内臓に負担をかけてしまうので豆腐は『湯豆腐』などにしてみましょう。

お酒を飲む時は

お酒を飲む時は『しめじ』を一緒に食べるのがオススメ!『オルニチン』という成分が肝臓の働きをサポートして翌日の2日酔いを予防してくれます。同じ成分は『しじみ』や『マグロ』も豊富に含まれています!※オルニチンは2日酔いになってからでは効果がないのでアルコールと一緒に摂りましょう。

オススメの組み合わせ

チーズにはアルコールを分解してくれる『メチオニン』が豊富に含まれているので相性抜群です!※たんぱく質をたくさん摂っている人も『しめじ』を食べる事で肝臓への負担を減らす事が出来ます。

理想の夕食

夕食は『主食』を少なくしてその分『主菜』『副菜』などしっかり摂りましょう!

『たんぱく質』や『ビタミン』で体の栄養を補給をする事で翌日快適に起きることが出来ます。

肉じゃがで美肌に!?

じゃがいもには肌の健康に欠かせないビタミンCが豊富に入っています。熱に弱いビタミンですがじゃがいもは加熱調理をしてもほとんど減少しないので煮込み料理に最適です!

まとめ

夜は代謝が下がるので炭水化物を少なめに

理想は寝る2時間前までに食事を摂る

健康の為には1日の食事のバランスがとても大切になります。Vol.11〜13の内容を見て是非健康的な食生活にチャレンジしてみてください!

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる